しあわせヤナギ

気持ちのつぶやきが中心です。リンクのアメーバブログに昆虫エッセイも書いています。

Top Page » Next
2020-05-20 (Wed)

越えていこう

越えていこう

右手の西洋思想と左手の東洋思想。両手が協力し合って初めて手となる。【神は単であり、多である】単である神・多である神。一神教と多神教を越えたところに神の真の姿がある。それに気づいた著名な人たち。例えばスピノザ、例えばフランチェスコ、例えばヴェーユ、例えばシュタイナー、例えばボンへッハー、例えばヘーゲル、例えばシュバイツァー、例えばジョセフ・マーフィー、例えば釈迦、例えば武者小路実篤・・・彼らはその姿...

… 続きを読む

2020-05-10 (Sun)

ミネルバのふくろう

ミネルバのふくろう

 ゴールデンウィーク期間は「スティホーム」の呼びかけにより、バイパスの交通量や商店街の人の数も普段以上に少なく感じた。4月29日以降新たな感染者もいなく(5月10日現在)、知事や市長の真剣な呼びかけは成功した?ように思える。それに伴い今月7日、宮城県内の休業要請が解除された。県境をまたいだ移動や接待を伴う飲食店利用の自粛は要請しているとのことだが・・。 自粛解除後の初の週末、日曜日は🌂のち晴れ。昼近く...

… 続きを読む

2020-04-12 (Sun)

不安を感じながら

不安を感じながら

新型コロナウイルスの感染爆発を防ぐため、政府が4月7日に東京など7都府県を対象に緊急事態宣言を発令した。恐ろしいほどの感染力だ。コメディアンの志村けんさんの感染死去をきっかけに、コロナウィルスに対して楽観していた人たちも、「いつ自分の身に起こるか分からない」という不安を感じながら行動するようになってきた。見えないウイルス相手なので、「感染したら・・」という不安は世界中どこにいても同じである。自分だけ...

… 続きを読む

2020-03-09 (Mon)

今できることは

今できることは

新型コロナウィルスが拡散しないように小・中・高校は、3月始めから春休みにかけて臨時休校の処置をとっている。ウイルスは細菌よりも小さく目に見えない。コロナに限らず、宿主を求め感染者がどんどん広がるのがウィルスの怖さである。メディアでは毎日のようにニュースを報道している。しかし、なぜだろう、恐ろしさの実感が正直わかない。ウィルスが電子顕微鏡でないと見えないということと、自分自身が新型コロナウィルスに対...

… 続きを読む

2020-01-19 (Sun)

内面の声に従う

内面の声に従う

 自分の人生を振り返る年齢になった。その過程でどうしてもしなくてはいけないことがある。それは神との関係を修復することだ。長きにわたり自分は悪の問題や宗教の欺瞞性に心を奪われて、否定的であった。しかし、絶えず心の底ではイエスの愛に満たされたいという願いがあった。心の中では陰陽が対立していて、かたくなな気持ちに支配されていたのかもしれない。思い起こすと、自分がイエスの言葉に初めて触れたのは中学2年生の...

… 続きを読む